産地を守れ(1)ブドウ 支援が救い、再び前へ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
パイプハウスの再建に取り組む高橋さん=16日、横手市山内土渕
パイプハウスの再建に取り組む高橋さん=16日、横手市山内土渕

 昨年12月中旬から大雪に見舞われた県南部。果樹園では除雪が追い付かず、枝折れなどの被害が相次いで判明している。パイプハウスの倒壊も相次ぎ、育苗に支障をきたす事態に。困難の中、産地を守ろうと前を向く農家の闘いを追った。

 ◇  ◇

 枝折れした木、壊れたパイプハウス…。大雪の爪痕が痛々しい横手市の果樹園では、ブドウ棚の復旧に向けた作業が急ピッチで行われている。

 「寄せても寄せても雪が積もる。心が折れた、という言葉では足りないぐらいだった」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1288 文字 / 残り 1069 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース