秋田犬登場の「ハチとパルマ…」、モスクワ映画祭出品へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
映画「ハチとパルマの物語」の日本版ポスター
映画「ハチとパルマの物語」の日本版ポスター

 ロシア版忠犬ハチ公がテーマの日ロ共作映画「ハチとパルマの物語」が、モスクワ国際映画祭(22~29日)に出品されることが決まった。ロシアでは既に上映され、日ロ共作映画として歴代最多の観客動員数を記録。日本では5月28日から全国で上映される予定。

 作品は旧ソ連時代の1970年代の実話を基に、モスクワの空港に取り残されたシェパード犬・パルマと少年との交流を描く。作中で秋田犬が重要な役割を担い、2019年11月~20年1月に秋田県大館市でロケが行われた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 455 文字 / 残り 229 文字)

同じジャンルのニュース