「サキホコレ」種まき丁寧に 横手市増田で高校生と児童交流

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
高校生(右)に教えてもらいながら種をまく児童
高校生(右)に教えてもらいながら種をまく児童

 秋田県横手市の増田小学校の児童が、増田高校の生徒の指導で稲作を学ぶ「農業体験交流学習」が22日、増田高で始まった。初日は新品種「サキホコレ」の種まきを体験。児童は高校生に教えてもらいながら、1粒ずつ丁寧に種をまいていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 504 文字 / 残り 393 文字)

同じジャンルのニュース