会社設立経験、「若者の参考に」 北秋田出身男性、著書出版

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
会社経営を退いてからも勉強に余念がない白川さん
会社経営を退いてからも勉強に余念がない白川さん

 秋田県北秋田市阿仁出身で一代で二つの会社を築いた白川好光さん(75)=埼玉県三郷(みさと)市=が著書「生かされて生きる」を出版、県内全ての中学高校に寄贈した。白川さんは「実践と経験に基づく人生訓を分かりやすくまとめた。次代を生きる若者たちに参考にしてほしい」と話している。

 終戦翌年の1946年、阿仁合町に生まれた。中学卒業後、大工に弟子入り。20歳で故郷を離れ、24歳の時、埼玉で建設会社を立ち上げ。その7年後には不動産会社も設立し、社長として2社を切り盛りした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 742 文字 / 残り 508 文字)

秋田の最新ニュース