佐竹知事「無理しない」  県内聖火リレー、来月に可否判断

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県の佐竹敬久知事は23日、県内で6月8、9の両日に予定されている東京五輪の聖火リレーについて「無理をしないことが一番の安全策」と述べ、5月中旬の新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、開催可否や実施方法を5月中に判断すると明らかにした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 333 文字 / 残り 213 文字)

秋田の最新ニュース