北斗星(4月24日付)

お気に入りに登録

 幕末のころ、現在の由利本荘市から日本海沿いを南下して京都、大阪、四国、伊勢へと旅した女性がいた。さらに江戸や日光見物も楽しんだ。150日ほどの旅行だった。女性自身が記録を残している

▼意外なのは各地で「関所抜け」を繰り返していたことだ。関所では女性のチェックが厳しかったため遠回りでも抜け道を利用する女性が多く、お金を支払えば手引きする者もいた。金森敦子著「関所抜け 江戸の女たちの冒険」に詳しい

▼県は新型コロナウイルスの感染警戒レベルを「3」に引き上げ、県外との不要不急の往来自粛を求めている。感染リスクを減らすためにはやむを得まい。だが佐竹敬久知事が岩手、山形県境の観光道路を大型連休中、閉鎖すると表明したのには驚いた

▼自由な通行を制限するという点では、道路閉鎖は関所の設置より厳しい措置ではないか。道路法は通行止めにできるのは交通が危険な場合とする。このため知事は除雪が済んで開通している八幡平アスピーテラインについては方針を撤回。冬季閉鎖中の鳥海ブルーラインの一部は雪崩の危険を理由に閉鎖継続を決定した

▼感染拡大が続く中、政府は4都府県に3度目の緊急事態宣言を出すことを決めた。県の道路閉鎖には、往来自粛要請のインパクトを高める狙いがあるように見える

▼しかし、最初は感染防止のためと説明していた閉鎖の理由が、後から変化したことが引っかかる。法を尊重する姿勢をゆるがせにしてはいけない。

秋田の最新ニュース