中華そば、朝採り山菜… 由利鉄「沿線名物」を販売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新発売の由利鉄中華そば
新発売の由利鉄中華そば

 秋田県由利本荘市の由利高原鉄道(萱場道夫社長)が、新商品の即席中華そば、期間限定の山菜の詰め合わせギフトを売り出している。沿線の名物に親しんでもらい、売り上げ向上につなげたい考え。

 「由利鉄中華そば」は今月発売した。運営する鳥海山ろく線の沿線地域で親しまれている、親鶏でだしを取ったしょうゆ味のスープが特徴。由利高原鉄道は「地元のソウルフードを再現した自信作」とPRしている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 847 文字 / 残り 658 文字)

秋田の最新ニュース