筆運び、歌声と一体 アルヴェで25日まで「書の祭典」

会員向け記事
お気に入りに登録

秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで23日、「書の祭典2021~春~」が始まった。2年ぶりの開催。県内高校の書道部が書道パフォーマンスを披露するほか、昨年亡くなった書家・大井錦亭さんの遺墨展も開かれている。25日まで。

 初日は秋田令和高校の書道部9人が書道パフォーマンスを披露。同校合唱部の歌声に合わせ、書道部員が一画一画丁寧に筆を運んだ。

 24日は午前10時半から、25日は午前10時から書道パフォーマンスを披露する。24日は秋田南高、大曲高、25日は本荘高、秋田北高、能代松陽高が出演する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 737 文字 / 残り 490 文字)

秋田の最新ニュース