ニュースの「つぼ」:コロナ禍での観光支援策

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスの影響を受ける宿泊事業者を下支えするため、県は県民の県内観光を促す施策に力を入れている。昨年から発行してきたプレミアム宿泊券に加え、宿泊費補助事業「『旅して応援!』あきた県民割キャンペーン」を今月上旬にスタートさせた。ただ、県民割を把握していない県民も少なくなく、周知が課題だ。

 県民割は、5月末までの県内宿泊、日帰り旅行を対象に、1人当たり5千円(宿泊は1泊当たり)を上限に代金の半額を補助する。予算額は約32億円。この春の観光支援策の柱だ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 986 文字 / 残り 754 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース