産地を守れ(3)リンゴ ファン思い、諦めない

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雪の重みで倒れた木を確認する粟津さん=11日、横手市杉沢
雪の重みで倒れた木を確認する粟津さん=11日、横手市杉沢

 秋に真っ赤な「ふじ」が実るはずだった木々は、枝が折れ、痛々しい傷が肌に残る。雪の重みに耐えきれず地面に倒れた木は、根元から大きく裂けていた。

 今冬、記録的な大雪に見舞われた横手市。県内最大のリンゴ産地である市内の樹園地では、農家が折れた枝を集める作業に追われている。

 「枝折れしていない木を見つける方が難しいよ。復旧作業も剪定(せんてい)作業もあって、大変だ」。折れた枝の転がる園地を見渡し、粟津信幸さん(58)=横手市杉沢=が嘆いた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1151 文字 / 残り 932 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース