中村が待望の初得点 ブラウ、絶妙な連係さえる

有料会員向け記事
お気に入りに登録

【秋田―水戸】前半、シュートを狙う秋田の中村(手前)=ソユースタジアム


ブラウ、水戸に競り勝つ

 今季10試合目にして、秋田のエースストライカーFW中村亮太に待望の初ゴールが生まれた。相手DFと競り合って体勢を崩しながらも右足で放ったシュートを泥くさくゴール左に流し込んだ。これが決勝点となった。

 チームメートとの絶妙な連係がさえた。スルーパスを収めたMF普光院誠がドリブルで敵陣深くに切り込むと、FW齋藤恵太がゴール前に走り込んで相手DF数人を引き付けることに成功。マークが薄くなった中村が、普光院からのゴロのクロスにダイレクトで合わせてゴールを奪った。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 509 文字 / 残り 268 文字)

秋田の最新ニュース