【さきとく】花粉症に有効な治療法、専門家に聞きました

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 鼻がムズムズし、くしゃみも止まらない。「花粉症に有効な治療法はありますか」―。秋田県内の30代女性から「こちらさきがけ特報班」に、こんな切実な声が寄せられた。日本気象協会東北支社(仙台市)によると、スギやヒノキの花粉の県内での飛散シーズンは例年、3月下旬~5月上旬。大型連休を控え、今年も間もなく収束する見通しだが、花粉症に悩む人にとっては有効な対策が求められている。主要な治療法について専門家に聞いた。

 高橋耳鼻咽喉科眼科クリニック(横手市)の高橋辰院長(55)によると、花粉症の効果的な治療法として従来の免疫療法、薬物療法、さらに近年注目されている分子標的治療薬の注射剤という三つがあるという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1556 文字 / 残り 1256 文字)

秋田の最新ニュース