秋田県沖で浮体式洋上風力検討 ウェンティ社とJMU

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ジャパンマリンユナイテッドが開発した「浮体デザイン」。大型風車の搭載に対応する(同社提供)
ジャパンマリンユナイテッドが開発した「浮体デザイン」。大型風車の搭載に対応する(同社提供)

 風力発電事業者「ウェンティ・ジャパン」(秋田市)と、造船大手「ジャパンマリンユナイテッド(JMU)」(横浜市)は26日、風車を洋上に浮かべる「浮体式」の洋上風力事業について、共同で検討を進める覚書を結んだと発表した。設置コストの削減や技術的課題の解決に向けた研究を進め、本県沖での事業化を目指す。

 洋上風力は浮体式と、風車の基礎を海底に設置する「着床式」がある。日本は欧州と異なり遠浅の海が少なく、着床式を設置できる海域が限られる。このため、水深の深い海域に風車を設置するには浮体式が有効とされるが、コストが高い点が課題となっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 714 文字 / 残り 446 文字)

秋田の最新ニュース