秋田駅前フォンテ地階にスーパー「ナイス」が開店

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
27日にオープンした「ナイスフォンテAKITA店」
27日にオープンした「ナイスフォンテAKITA店」

 秋田県央部でスーパーを展開する「ナイス」(秋田市御所野、齋藤寛之社長)は27日、JR秋田駅前の商業ビル「フォンテAKITA」(同市中通)の地階に新店舗をオープンした。2月28日で営業を終了した西武秋田店運営の「ザ・ガーデン自由が丘・西武」の跡地に出店。マンションやホテルの建設計画がある秋田駅周辺の再開発の動きを追い風に、新規顧客の取り込みを目指す。

 フォンテAKITA店の売り場面積は、約1400平方メートルでナイスの従来店舗の約7割ほど。来店客には、単身者や高齢者世帯が多いと見込み、野菜のばら売りやカット販売といった小容量の商品や手軽に食べることができる総菜の販売に力を入れる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 666 文字 / 残り 373 文字)

秋田の最新ニュース