願人踊が2年連続中止 新型コロナ感染拡大、門付けもなし

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
3月から子ども願人踊の練習を重ねていた児童=今月19日、八郎潟町農村環境改善センター
3月から子ども願人踊の練習を重ねていた児童=今月19日、八郎潟町農村環境改善センター

 毎年5月5日に行われる秋田県八郎潟町一日市地区の伝統芸能・願人踊(がんにんおどり)(県無形民俗文化財)は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年に続き今年も中止する。実施主体の一日市郷土芸術研究会(畠山美喜雄会長)が26日に決めた。

 今年は門付けのみに縮小して行う方針だったが、今月下旬に入り町を含む秋田中央保健所管内でコロナ感染者が増えたことから、全面中止とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 506 文字 / 残り 322 文字)

秋田の最新ニュース