地方点描:ホールの役目[南秋田支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 コロナ下を象徴する門出となった。今月14日、潟上市天王に開館した市民センター「かたりあん」。600人を収容できる市内最大の多目的ホールを備えるが、講演や演奏など記念の催しは行わなかった。新型コロナウイルスの感染防止のため、関係者16人で竣工(しゅんこう)式を行い、テープカットをして完成を祝った。

 ホールにはグランドピアノを備える。市教育委員会は「コロナ下でなければ地元のピアニストを招き、こけら落としの演奏をしてもらいたかった」と残念がる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 630 文字 / 残り 408 文字)

秋田の最新ニュース