コロナで苦境の旅行企画会社、テークアウト専門店に業態転換

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県産食材を使ったスムージーやポタージュのテークアウト専門店「ひなたエキス」が28日、仙北市田沢湖生保内の国道341号沿いにオープンする。新型コロナウイルスの影響で外国人観光客が見込めなくなった秋田市の旅行企画会社トラベルデザインが業態を転換。「hinata」(須崎裕社長)に社名変更して開業した。

 使用するメイン食材は、県産の果物や野菜。素材の味を最大限生かすことにこだわる。冷凍した羽後町や大仙市産イチゴをミキサーにかけたものと、てん菜糖、麦あめ、イチゴを一緒に煮込んだコンフィチュールを組み合わせた「濃厚スムージー」がこの時期の看板商品だ。

 当面はシイタケやホウレンソウのペーストで作るポタージュも提供。季節によって食材を変え、夏は仙北市産のブルーベリーを使ったスムージーも販売予定だという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1052 文字 / 残り 701 文字)

秋田の最新ニュース