BB秋田・勝負の中盤戦へ(中)情報戦 分析されてもぶれずに

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
25日の水戸戦の前半、給水タイムに選手に声を掛ける吉田監督(左)=ソユースタジアム
25日の水戸戦の前半、給水タイムに選手に声を掛ける吉田監督(左)=ソユースタジアム

 3月下旬、秋田市のソユースタジアムで行われたブラウブリッツ秋田のホーム戦。ピッチ全体を見渡せるスタンド上部に相手の分析スタッフが陣取っていた。プレー一つ一つの時間を計測し、敵味方のポジション取りなどをチェック。その内容はリアルタイムでベンチに届けられていたとみられる。

 J2ではJ3以上に、ピッチ外も巻き込んだ情報戦が繰り広げられる。シーズンが深まるにつれて秋田への対策も一層進むことが予想され、いかに突破していくかが問われる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 866 文字 / 残り 651 文字)

連載企画:勝負の中盤戦へ J2秋田10試合を終えて

同じジャンルのニュース