雄和のアート(2)出羽和紙・高橋朋子さん 手すきの温かみ生かす

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
手すきで和紙を作る高橋さん
手すきで和紙を作る高橋さん

 はがきやコースターといった実用品から、壁に掛けるタペストリー、動物の人形などの装飾品まで。高橋朋子さんは、自ら手すきした和紙を使って幅広い作品を手掛ける。

 和紙の魅力を「ぼやっとした感じが好きなんです」と語る。その言葉通り、作品の見え方は一様でなく、さまざまな表情を見せてくれる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 939 文字 / 残り 798 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース