酒気帯び運転疑いの秋田市職員、懲戒免職

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市は28日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで2月に県警に逮捕された市総合環境センターの男性職員(51)を懲戒免職処分にしたと発表した。管理監督責任を問い、当時のセンター所長(60)を訓告とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 395 文字 / 残り 294 文字)

同じジャンルのニュース