県外出張後のPCR検査費用を補助 協力医療機関は80カ所

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は28日、県外出張後に医療機関で自主的に受けるPCR検査の費用を助成する制度について、申請の受け付けを始めた。今月16日以降に受けた検査が補助の対象になる。県医師会は28日、県内の医療機関80カ所が検査に協力することを明らかにした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 638 文字 / 残り 518 文字)

同じジャンルのニュース