夏の女子高校野球、決勝は甲子園 8月22日「大きな一歩」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
甲子園球場=兵庫県西宮市(共同通信社ヘリから)
甲子園球場=兵庫県西宮市(共同通信社ヘリから)

 全国高校女子硬式野球連盟と全日本女子野球連盟は28日、今夏の第25回全国高校女子硬式野球選手権大会の決勝を、第103回全国高校野球選手権大会の準々決勝後の休養日に当たる8月22日に、甲子園球場で行うと発表した。

 7月24日の開幕から8月1日の準決勝までは兵庫県丹波市の球場で実施する。41チームの参加を予定している。1997年に第1回大会が開催された。

 全日本女子野球連盟の山田博子会長は「大きな一歩になる。甲子園を目指していた子が諦めなくていい。そこに立てなくて指導者になった女子の監督も立てるのは大変意義のあることだと思う」と説明した。