東成瀬と一関を結ぶ国道342号開通 栗駒山荘も営業開始

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今季の営業を開始した栗駒山荘
今季の営業を開始した栗駒山荘

 昨年11月から冬季閉鎖していた国道342号の秋田県東成瀬村―岩手県一関市間31・5キロが28日、開通した。県境にある東成瀬村椿川の栗駒山荘もこの日、今季の営業を開始。正午の開通直後から観光客の姿が見られ、山間部でもようやく春の行楽シーズンを迎えた。

 大型連休前の開通に向け、県側の16・6キロを管理する県雄勝地域振興局が村に委託し、3月下旬から道路の除雪を実施した。椿川にある本県側の通行止めゲート前では、例年開通に合わせて開通式が行われているが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため昨年に引き続き中止とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 566 文字 / 残り 309 文字)

秋田の最新ニュース