サキホコレ管理法学ぶ 県、生産者ら対象に研修会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サキホコレの苗を前にして、県農業試験場の担当者(右)から説明を受ける参加者
サキホコレの苗を前にして、県農業試験場の担当者(右)から説明を受ける参加者

 秋田県内九つの生産団体が先行作付けする県新品種米「サキホコレ」の田植えが始まるのを前に、生産者や生産指導者向けの研修会が28日、大潟村で開かれた。地元農家やJAの営農指導員ら約30人が参加し、県農業試験場の担当者から育苗管理のポイントを学んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 490 文字 / 残り 367 文字)

秋田の最新ニュース