誤えん防止編:口すぼめ呼吸

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します

 せきを強くするための運動です。鼻からゆっくりと息を吸い、口をすぼめて細く長く吐くのがポイントです。(監修渡辺英里子さん、高橋岳さん=県立循環器・脳脊髄センター言語聴覚士、モデルも)