コロナ下GW、県内混雑なく 帰省客「家で過ごす」

会員向け記事
お気に入りに登録

JR秋田駅のホーム。利用者の姿はまばらで混雑は見られなかった=29日午前10時20分ごろ


 新型コロナウイルス下で迎える2度目のゴールデンウイーク(GW)が29日、始まった。秋田市のJR秋田駅では例年のような混雑は見られず、帰省客は一様に「家で過ごす」と話した。県内の観光スポットもいつもの年より閑散としていた。

 JR秋田駅では午前10時ごろ、東京発の秋田新幹線こまちが到着。大きな荷物を持ったマスク姿の乗客がホームに降り立った。帰省客や出迎える家族で混雑する光景は見られず、足早に移動する乗客が目立った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 837 文字 / 残り 629 文字)

秋田の最新ニュース