春の院展、アトリオンで30日開幕 日本画132点を展示

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
展示作業が進む春の院展・秋田展の会場
展示作業が進む春の院展・秋田展の会場

 現代日本画壇をけん引する作家たちの秀作を集めた「第76回春の院展・秋田展」が30日、秋田市中通のアトリオンで開幕する。秋田魁新報社と日本美術院の主催。新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨年は中止したため、2年ぶりの開催。29日は作品の搬入と展示作業が行われた。会期は5月9日まで。

 午前10時~午後5時(入場は4時半)。入場料は一般千円で、大学生は窓口で学生証を提示すれば半額となる。高校生以下無料。

 新型コロナの感染拡大防止のため、受付で検温と手指消毒を行う。観覧時はマスクの着用が必要。例年会場で実施していた作家による作品解説は行わない。問い合わせは院展会場臨時電話TEL080・8227・7379

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 556 文字 / 残り 254 文字)

秋田の最新ニュース