シンガー佐々木恵介さん新曲完成 池田作品がテーマ【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
池田さんの作品「桜咲く」を手にする佐々木さん(左)と齋藤さん
池田さんの作品「桜咲く」を手にする佐々木さん(左)と齋藤さん

 秋田県にかほ市ふるさと宣伝大使で元「ケースケ&マサ」のシンガー・佐々木恵介さん(33)が、にかほ市象潟町出身の版画家・池田修三さん(1922~2004年)の作品をテーマにした新曲「さくら」を完成させた。象潟公会堂で2日まで開かれている池田さんの木版画展「春のメロディー」のBGMとして使用されている。

 佐々木さんは歌を通じて地域を盛り上げたいと、池田さんの作品をイメージした楽曲「風の中の少女」をケースケ&マサとして2019年に披露しており、今回は第2弾。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 532 文字 / 残り 303 文字)

秋田の最新ニュース