西馬音内盆踊りは開催目指す 6月上旬までに判断

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
西馬音内盆踊り(資料写真)
西馬音内盆踊り(資料写真)

 羽後町の西馬音内盆踊り実行委員会(菅原政一実行委員長)は30日、今年の西馬音内盆踊り(8月16~18日)について、開催を目指して準備を進めていくことを決めた。同日の総会で賛同を得た。町や関係団体とも協議し、6月上旬までに最終決定する。観客の有無など運営の在り方も検討を重ねる。

 実行委は町や踊り子、はやし方、町観光物産協会などで組織。菅原実行委員長(75)は「(実行委の)三役会議は、2年連続の中止は忍びがたく、どうしても開催したいという思いで準備を進めている。無観客でも開催しようと考えている」と提案。開催を目指すことで一致した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 386 文字 / 残り 119 文字)

秋田の最新ニュース