原発処理水放出は「不誠実」 福島の農林水産団体ら声明

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する福島県農業協同組合中央会の菅野孝志会長(右端)ら=30日午前、福島県いわき市
記者会見する福島県農業協同組合中央会の菅野孝志会長(右端)ら=30日午前、福島県いわき市

 福島県の農林水産団体と生活協同組合は30日、福島県いわき市で記者会見し、政府による東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出方針に反対する共同声明を発表した。反対を表明してきた漁業者に十分な説明がないままの決定だとして、「極めて不誠実で遺憾だ」と訴えた。

 記者会見は福島県農業協同組合中央会(JA福島中央会)や県漁業協同組合連合会ら4団体の会長が出席した。声明は、原発事故後の風評払拭の努力が海洋放出によって「水泡に帰す懸念がある」と指摘。政府による国内外の理解醸成も「十分な取り組みが期待できない」と批判した。