県教委、防球ネット緊急点検を指示 宮城の死傷事故受け

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県教育委員会は30日、県内の学校の校庭などにある防球ネットの緊急点検を要請した。宮城県白石市の小学校校庭で27日に防球ネットを支える木製の柱が倒れて6年生の男子児童(11)が死亡する事故が起き、文部科学省が全国の都道府県教委に緊急点検の実施を要請していた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 358 文字 / 残り 227 文字)

秋田の最新ニュース