スナネコ、めっちゃかわいい ふるさと村で5日までイベント

会員向け記事
お気に入りに登録

 世界最小級の野生猫で「砂漠の天使」と称されるスナネコの展示や、インコの手乗りを楽しめる「めっちゃかわいい動物ランド」が29日、横手市の秋田ふるさと村で始まった。県内各地から親子連れらが訪れ、動物たちと触れ合った。5日まで。

 スナネコは砂が入らないように耳の中の毛が長い。熱い砂から足裏を守り、足跡を残さないように肉球が毛で覆われている。砂漠に溶け込む色の体毛など、過酷な環境で生きるために適応している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 586 文字 / 残り 384 文字)

秋田の最新ニュース