雄和のアート(5)貼り絵作家・石川実視さん 温かな雰囲気感じて

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
黒ウサギがテーマの「君が僕で、僕が君。」
黒ウサギがテーマの「君が僕で、僕が君。」

 自宅兼アトリエ「オルタシア舎」があるのは秋田市桜。石川実視(さねみ)さんは作家たちとのつながりから雄和のアート仲間の一人として、2日に始まる工房展巡りに参加する。

 色とりどりの小さな紙を手でミリ単位にちぎり、ピンセットで台紙に貼り、またちぎり、貼り。貼り絵は、気の遠くなるような作業の積み重ねだ。

 黒ウサギをテーマとした「君が僕で、僕が君。」。薄いピンクを背景に、2匹の黒ウサギが見つめ合う。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 954 文字 / 残り 757 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース