県内最大震度4、秋田新幹線ダイヤに乱れ

会員向け記事
お気に入りに登録

秋田新幹線の運行状況を確認する人たち=1日午前11時45分ごろ、JR秋田駅

 1日に発生した宮城県沖を震源とする地震で、秋田新幹線こまちは大宮―秋田駅間の上下線で一時運転を見合わせた。

 JR秋田支社によると、こまちは上下16本が運休・区間運休し、5本に最大6時間10分の遅れが出た。午前中のJR秋田駅改札口では、運行状況などを駅員に尋ねる人の姿も見られた。

 県内では大仙市で最大震度4を観測した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 514 文字 / 残り 354 文字)

秋田の最新ニュース