北斗星(5月2日付)

お気に入りに登録

 今年初めて草取りをした。小さな庭でも1時間ほどで大きめのごみ袋が満杯に。大半はスギナだった。「雑草が/あたりかまわず/伸びほうだいに伸びている/このけしきは胸のすく思いだ」

▼かつて中学の国語教科書にも採用された北川冬彦(1900~90年)の詩「雑草」の一節だ。確かに雑草の生命力に驚かされ、魅力を感じることがある。とはいえこの詩で繰り返される「胸のすく思いだ」の言葉に賛同するのはなかなか難しい

▼雑草は庭の花や野菜の大敵。草ぼうぼうでは近所の手前もよろしくない。ツクシに春を感じながらスギナを見れば敵に会ったかのようにせっせとむしり取るのは、われながら勝手なものだと思う

▼コロナ禍のため仕方ないとはいえ、昨年に続いて今年も遠出は我慢の大型連休になった。県境を越える移動の自粛が呼び掛けられ帰省もままならない。思えば草取りなどをして連休を過ごすのも2年続きになる

▼感染拡大の深刻な首都圏や関西を心配していたら、危機は足元に迫ってきた。県内では先月29日に1日の新規感染者が過去最多を記録したばかりだが、昨日の感染者はこれをさらに上回った

▼感染対策に神経をすり減らして気持ちがめいってしまわないよう、せめて緑に親しみながら連休を過ごしたい。雑草までめでる詩人の感性にも少しは近づけるかもしれない。傘マークの目立つ天気予報だが、晴れ間を見て近所の散歩に出掛け、季節の花々で目を楽しませるのもお勧めだ。

秋田の最新ニュース