ワーケーション、成功の鍵は「現地の人とのつながり」 仙北市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ワーケーションについて首都圏企業と意見交換する仙北市の職員=仙北市役所
ワーケーションについて首都圏企業と意見交換する仙北市の職員=仙北市役所

 首都圏企業5社と秋田県仙北市による意見交換会が30日、オンラインで行われた。旅先で働く「ワーケーション」をテーマに話し合い、ワーケーションの実施先として選ばれる地域になるための方策を探った。

 市職員は、温泉や豊かな自然、新幹線で東京から乗り換えなしでアクセスできる利便性などをアピール。テレワークやワーケーションを実施する市外企業への宿泊費補助の制度について紹介したほか、首都圏企業のサテライトオフィスを誘致する構想があることなども説明した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 547 文字 / 残り 325 文字)