特殊詐欺被害の心理:研究者の目(1)大丈夫と言う人ほど 被害防止の鍵は「実感」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
特殊詐欺の被害に対する意識
特殊詐欺の被害に対する意識

 特殊詐欺にだまされる人の心理とはどのようなものなのか。被害を防ぐ手掛かりについて、心理学を専門とする研究者2人の取り組みから考える。5回続き。

 ◇  ◇

 人はなぜ、特殊詐欺の被害に遭うのか。

 その疑問を解く糸口の一つとして研究者や警察が注目する調査がある。警察庁が2018年8~11月に行った「オレオレ詐欺被害者等調査」である。

 調査対象は次の四つの属性に分類されている。(1)オレオレ詐欺の被害者354人、(2)だまされたが金融機関職員ら事業者の声掛けにより被害を免れた187人、(3)だまされたが家族が見破って被害を免れた130人、(4)詐欺だと自ら見破った428人。

 合計1099人。大別すれば、(1)(2)(3)は本人がだまされたケース、(4)はだまされなかったケースだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1270 文字 / 残り 929 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース