りりしい秋田犬勢揃い 本部展、コロナ対策講じ開催【動画】

お気に入りに登録

 国の天然記念物に指定されている秋田犬の容姿の美しさを競う秋田犬保存会(秋田県大館市)主催の第143回本部展が3日、大館市の桂城公園で開かれた。全国の愛犬家に育てられた171匹がエントリーし、堂々とした立ち振る舞いを見せた。昨年の大館市開催は新型コロナウイルス感染防止のため中止となっており、2年ぶり。来場者に検温を実施するなどの感染対策を講じた。

審査を受ける秋田犬


 審査は、幼犬B(6カ月以上8カ月未満)から成犬A(4歳以上)まで、年齢別6部門の雄雌ごとに行われた。保存会が1938年に定めた「秋田犬標準」を基に、審査員7人が秋田犬らしい特徴が現れているかを1匹ずつチェック。立った姿勢のほか、毛並みや歯並びの美しさなどを採点した。

同じ場所を見ていても、犬によって表情はさまざま


気になる審査結果や全文はウェブ版秋田犬新聞で読めます

同じジャンルのニュース