「パソコンからウイルス」 電子マネー7万円被害、大仙の男性

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央署(資料写真)
秋田中央署(資料写真)

 秋田中央署は3日、大仙市の60代男性が架空請求詐欺に遭い、電子マネーの利用権7万円分をだまし取られたと発表した。

 署によると、男性は1日、会社のパソコンを使用中に「ウイルスが検出されました」と画面に表示された。2日にパソコンが使用できなくなり、記載番号に電話したところ、「解除するためには電子マネーを買ってパソコンのカメラで番号を映してください」と指示された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 246 文字 / 残り 65 文字)

秋田の最新ニュース