秋田犬・奈奈姫と鈴木さんの挑戦 2年ぶり「春の本部展」

お気に入りに登録

初めて本部展に参加した鈴木さんと奈奈姫



 秋田県大館市で2年ぶりに開かれた秋田犬保存会の春の本部展。会場の桂城公園には真剣な表情で審査に臨んだり、訪れた人と交流して楽しんだりする愛犬家と秋田犬の姿があった。

 この日は全国各地から約170匹の秋田犬がエントリーし、容姿を競った。由利本荘市前郷の会社員鈴木隆さん(70)は愛犬の「奈奈姫(ななひめ)」(生後6カ月、雌)を連れて初参加。真剣な表情で審査を見守った。

 鈴木さんと奈奈姫の出合いは半年前。同保存会秋田中央支部長の遠藤莞爾さん(71)宅で、生まれた子犬4匹のうち1匹を譲り受けたのがきっかけだ。2月、遠藤さんから「骨格も毛並みも良い。本部展に出さないか」と誘われて出陳を決意。毎日欠かさず立ち姿のトレーニングを重ねてきた。

記事全文はウェブ版秋田犬新聞で読めます

秋田の最新ニュース