本物そっくりの鉄道模型、ジオラマの街を走る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
さまざまな鉄道模型が走るジオラマ
さまざまな鉄道模型が走るジオラマ

 秋田市のあきた文化交流発信センター(フォンテAKITA6階)で3日、「鉄道模型と写真展」が始まった。ジオラマの街を走る鉄道模型や、会員が撮影した写真に、家族連れが見入っていた。5日まで。

 県内の鉄道愛好家でつくる秋田鉄道趣味会が、約100種類の鉄道模型を準備。ジオラマは駅やトンネル、住宅などを細かく再現している。街の中を線路が通り、新旧の秋田新幹線こまちや貨物列車、在来線など本物そっくりの模型が走る。会場では汽笛や走行音、車内アナウンスを流している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 423 文字 / 残り 195 文字)

秋田の最新ニュース