能代松陽と大館鳳鳴が準決勝へ 春季高校野球地区大会

会員向け記事
お気に入りに登録

 春季高校野球地区大会は4日、県北で準々決勝2試合を行い、能代松陽と大館鳳鳴が準決勝進出を決めた。中央は2回戦4試合を実施し、秋田工、秋田中央、由利工、秋田南が準々決勝に駒を進めた。県南は雄物川と横手が準々決勝に勝ち上がった。

 5日は県北で準々決勝、代表決定トーナメント1回戦各1試合を実施。県南では準々決勝4試合が行われる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 334 文字 / 残り 171 文字)

秋田の最新ニュース