「九十九島」背に次々と苗植え付け にかほ市象潟町で田植え

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
九十九島に隣接する田んぼで行われた田植え作業
九十九島に隣接する田んぼで行われた田植え作業

 秋田県にかほ市象潟町で田植えが始まり、農家が作業に汗を流している。

 象潟町の農家森拓二さん(69)は4日に田植えを始めた。家族と親戚の計5人で、かつて島だった小山「九十九島」が隣接する自らの田んぼに「ひとめぼれ」の苗を植え付けた。長男の恵一さん(45)が田植え機を運転し、田んぼの角などは女性陣が手植えした。

 田んぼは1・5ヘクタール。田植えは5日も行い、稲刈りは9月中旬を見込んでいる。森さんは「台風や水害などなく、無事に秋になってほしい。消費者に喜ばれるおいしいコメにしたい」と話した。

同じジャンルのニュース