鹿島と札幌、横浜Mが突破 ルヴァン杯1次リーグ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鹿島―福岡 後半、ヘディングで競り合う鹿島・関川(右)=カシマ
鹿島―福岡 後半、ヘディングで競り合う鹿島・関川(右)=カシマ

 Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第5節(5日・カシマスタジアムほか=8試合)鹿島と札幌、横浜Mが1次リーグを突破し、準々決勝の出場を懸けたプレーオフへの進出を決めた。A組は首位の鹿島が福岡と1―1で引き分けて勝ち点11、札幌は鳥栖を2―1で下して同10で同組2位以内が確定した。

 D組の横浜Mは広島と1―1で引き分け、勝ち点11とした。清水は仙台に快勝。C組は横浜FC―湘南が引き分けて、ともに勝ち点7。柏―浦和も3―3で勝敗がつかなかった。B組は既に突破を決めているFC東京が神戸と、大分が徳島と引き分けた。