コロナ下2度目のGW、県内の人出はどうだった?

会員向け記事
お気に入りに登録

 新型コロナウイルス下で迎える2度目のゴールデンウイーク(GW)が5日、最終日を迎え、秋田県内の道の駅や動物園には家族連れなどの姿が見られた。コロナを受けて外出先を県内にしたという人も。施設によってはGW期間中の来場者が例年より少なく、関係者からはワクチン接種など今後の感染対策に期待する声もあった。

カピバラの「まんまタイム」=5日午前10時ごろ、大森山動物園

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 876 文字 / 残り 726 文字)

同じジャンルのニュース