比内鶏と金八鶏、美しさ競う 大館市で展覧会【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
容姿の美しさを審査した展覧会
容姿の美しさを審査した展覧会

 第63回比内鶏・第47回金八鶏(きんぱどり)展覧会が5日、大館市の北地区コミュニティセンターで開かれた。本県と青森県の11人が比内鶏16つがい(32羽)と金八鶏10つがい(20羽)を出陳し、容姿の美しさを競った。

 出陳された鶏は、ケージの中で「コケコッコー」と鳴いたり、羽を広げたりしていた。主催する県声良鶏(こえよしどり)比内鶏金八鶏保存会(略称・秋田三鶏保存会)の関口宣男会長が体形や羽の色、とさかや尾の形などを審査した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 753 文字 / 残り 539 文字)

秋田の最新ニュース