「素晴らしい作品、勉強になる」と来場者 春の院展・秋田展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秀作をじっくりと鑑賞する来場者
秀作をじっくりと鑑賞する来場者

 秋田市中通のアトリオンで開催中の第76回春の院展・秋田展(秋田魁新報社、日本美術院主催)は大型連休後の6日、会期終盤に入った。美術愛好家らが秀作に見入っていた。9日まで。

 日本美術院同人の33点と、本県関係作家3人の入選作など99点の計132点を展示。来場者は距離を取りながら、作品に近づいてじっくりと鑑賞していた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 456 文字 / 残り 297 文字)

同じジャンルのニュース