赤木ファイル、6月提出へ 森友文書改ざん訴訟で国

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「赤木ファイル」の存在を国側が認めた意見書を見せる赤木雅子さん=6日午後、大阪市
「赤木ファイル」の存在を国側が認めた意見書を見せる赤木雅子さん=6日午後、大阪市

 森友学園への国有地売却に関する決裁文書の改ざんを強いられ、財務省近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=が2018年に自殺に追い込まれたとして、妻雅子さん(50)が国側に損害賠償を求めた訴訟で、国側は6日、赤木さんが改ざんの過程をまとめた文書「赤木ファイル」が存在しているとの意見書を雅子さん側に出した。6月23日の第4回口頭弁論で提出する予定。

 国側が存在を認めたのは、改ざんが時系列でまとめられた文書や財務省理財局と近畿財務局との間で送受信されたメール、その添付資料など。雅子さん側は20年3月に大阪地裁に提訴した際、ファイルの証拠提出を求めていた。