鉄道や空、GW利用者は大幅増 コロナ禍前より依然、低調

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
各交通機関のGW利用状況
各交通機関のGW利用状況

 JR旅客6社と航空、高速道路各社は6日、ゴールデンウイーク期間の利用実績を発表した。JRは前年比5倍以上、空の便も国内線で10倍以上と、新型コロナウイルス感染拡大に伴う1回目の緊急事態宣言中だった昨年より大幅に利用者が増えた。コロナ禍前と比べると、依然として低調だった。高速道路でも同様の傾向が見られた。

 JR各社によると、4月28日~5月5日に新幹線と在来線特急などの主要線区を利用した人数は、前年比5・68倍の295万8千人だった。コロナ禍前の2019年と比べ26%にとどまった。記録の残る1990年以降、昨年に続き2番目に少ない。