仲邑菫が最年少Cリーグ入り 囲碁・棋聖戦、12歳2カ月

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
仲邑菫二段
仲邑菫二段

 囲碁の中学生プロ、仲邑菫二段(12)は6日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれた第46期棋聖戦ファーストトーナメント予選決勝で鳥井裕太三段(27)を破り、初のCリーグ入りを決めた。12歳2カ月での同リーグ入りは最年少記録。

 日本棋院によると、これまでの記録は福岡航太朗二段(15)の15歳4カ月。仲邑二段は公式戦11連勝で、今年の通算成績を22勝2敗とした。

 棋聖戦は上から順にS、A、B、Cの4段階のリーグ制で、各リーグの枠はSが6、Aが8、Bが16、Cが32。仲邑二段は今期の予選トーナメントで4連勝し、Cリーグに進出した。